パニック障害を患って

ある日突然、原因不明の吐き気・喉につまった異物感。逃げられない場所から始まったあの恐怖感と冷や汗と心臓の激しい鼓動。パニック障害を発症してから現在までの13年間を赤裸々に綴ります。

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
突然の恐怖



【まえがき】
 ある日突然、原因不明の吐き気・喉につまった異物感。逃げられない場所から始まったあの恐怖感と冷や汗と心臓の激しい鼓動。パニック障害を発症してから現在までの13年間を赤裸々に綴ります。


 それは、13年前の「結婚式」の真っ最中のことでした。

 神聖なる場所で、静粛にしている親族一同と隣にいる妻の横で私は、神主さんがお払いをしているとき初めての恐怖感に襲われました。

 トイレにも、部屋の外へも出られないという緊張した状況で、突然それは起こりました。きつく締め付けられた紋付・はかまの苦しい圧迫感をこらえている中、突如、喉に異物がつかえて、それを飲み込んでも飲み込んでも取れないどころか、嗚咽感が始まり、吐きそうな状態になりました。

 そんな状態がますますひどくなり、トイレにも駆け込めない状況ですので、もしこんな所で吐いたら大変だ、ということを考えると、心臓の鼓動はますます早くなるとともに、冷や汗は出るわ、嗚咽感をこらえる戦いが始まったのです。

 必死でこらえること15分、式は無事終了となりました。この15分の恐怖と辛さは、今まで味わったことがないものでした。

 式が終わると、ホッとしたのか、さっきまでの喉につまった異物感はすっかり消えてしまい、いったい何だったのだろうという心境でした。

 結婚式の後、披露宴が間もなく始まったのですが、その後、あの症状はうそのように全く出ませんでした。紋付・はかまにしめつけられて、あんな状態になったんだなと、もう忘れようと思ったのでした。

 これが私の「パニック障害」の始まりになるとは、この日には露ほども思いませんでした。

 その後、あの結婚式での恐怖感は全くなかったのが、5か月経ったある日突然、もっとひどい恐怖感が訪れました。

 会社には、地下鉄で通勤していましたが、それまで10年以上もの間、一度も起こらなかったのですが、ある日の朝、地下鉄に乗車中、突然結婚式最中に起こったあの症状が出てきました。

 満員電車の中、いすに腰掛けていました。それまでの20年間は朝食は抜きで、コーヒーを飲むだけの生活でした。

 その日もコーヒーだけ飲んで出勤したのです。電車のいすに腰掛けているとき、コーヒーの苦味が喉につかえているような感覚が突然始まったのです。

 喉のつまりを唾を飲み込んでも飲み込んでも取れないばかりか、よけい異物がつまったような、まさに結婚式の最中に起きたあの辛い感覚です。

 そして、電車は走っています。まだ次の駅まで数分かかりますし、満員ですので、立つことも移動することもできません。

 そう思えば思うほど喉のつまりはエスカレートしていき、嗚咽感まで出てきました。こんなところでもし吐いたらどうしよう。

 ビニール袋ももっていないので、誰かにかかってしまう。全くがんじがらめで身動きがとれません。心臓の鼓動はドキドキ、ドキドキ、全速力で走った後のように早くなり、頭や額からは冷や汗が流れ始めました。

 頭には血がのぼり真っ赤な状態です。この恐怖感は1秒1秒増して行きます。人生34年で、一番の大ピンチ、まさに意識は大パニックです。交感神経が最大限に働いているようです。

 我慢すること約5分。5分といっても私にとっては30分くらいの長さに感じました。

 やっと次の駅に着き、急いで人をかき分け、電車を飛び降りました。地獄から天国に来たくらいの感じでした。副交感神経が一気に働きだし、リラックス状態です。

 さっきまでの恐怖感から180度安心感に入れ替わりました。何だったのだろう。スピリチュアル的に言うならば、未浄化霊、自縛霊等、悪霊軍団に完全に憑依されてしまったようでした。
















| 10:37 | 突然の恐怖 | - | - |
| 1/6 | >>